スカイマスターSB・SK・SJ・SSシリーズ

スカイマスター SJ30ARS


SJシリーズの最高峰。
限定中型自動車運転免許
※1で運転できる30m高所作業車。


※1
平成19年6月以前に普通自動車免許を取得された方は、限定中型自動車免許となります。

 


※クリックで拡大されます。

 

スカイマスターSJ30ARSは、ブーム先端に屈折アームを搭載した30mクラスの高所作業車です。作業床最大地上高30.6m、最大作業半径16.2mを実現し、従来よりも「より高く」「より遠い」作業現場に対応しました。

1.より安全に

無事故で1日の工程を終えていただけるよう、車体形状から機能・装置に至るまで、「事故リスクの低減」を後押しする様々な作り込みを行っています。

 

接触リスクを低減する車高と車幅

※クリックで拡大されます。

 

限定中型自動車免許で運転できるように、車両総重量8t未満に抑えたほか、車両全幅やアウトリガ張出し幅を,当社SK27A(作業床最大地上高27m)と同寸法に抑えています。車両全高も3.3m以下に抑えており、コンパクトな車体で車両運用の容易化、効率化に貢献します。

 

 

2.より便利に

作業を快適にスピーディーに行っていただけるよう、「車両設置」から「作業ポイントへのアプローチ」までを見つめ直しました。また、現場への走行移動も考慮し、機動性・運搬力もアップしました。

 

スッキリした形状の先端アーム

屈折アームの採用により、障害物をかわしやすくなり、作業対象に対するアプローチが容易になりました。また、1つのレバー操作で水平面や垂直面に沿って移動する「垂直・水平移動制御モード」や、起伏下げ操作時に作業範囲の規制で停止せず、作業範囲の内側に沿って移動する「ノンストップ規制モード」を装備しており、様々な作業で扱い易く、効率的な作業に貢献します。

 

主要諸元

型式・名称
型式 SJ30ARS
名称 高所作業車
作業床(バスケット)
最大積載荷重
(搭乗人員)
200kg(2名)
最大地上高 30.6m
最大作業半径
(100kg積載時)
16.2m
内側寸法
(長さ×幅×高さ)
1.5m×0.7m×1.0m
首振角度 左90°~右90°
ブーム
型式 4段同時伸縮方式
ブーム長さ 7.6m~24.2m
伸縮ストローク 16.6m
伸縮速度
(伸・縮)
16.6m/伸65s,縮55s
起伏角度 -10°~85°
起伏速度
(上・下)
-10°~85°/上55s,下45s
折曲ブーム長さ 3.5m
折曲ブーム屈伸角度 0°~174°
旋回装置
旋回角度 360°(全旋回)
旋回速度 1.0rpm
アウトリガ
アウトリガ張幅 最小 1990mm~2800mm
中間1 2800mm~3600mm
中間2 3600mm~4370mm
最大 4370mm~4420mm
アウトリガストローク 1215mm
ジャッキストローク 645mm
安全装置
積載荷重検知式作業範囲規制装置(アウトリガ前後左右張幅検知型)、
作業床過荷重防止装置、車幅飛出し防止装置、キャビン・ブーム干渉防止装置、油圧系安全装置、非常停止スイッチ、フートスイッチ
その他装置
バスケット自動格納装置、垂直・水平面移動装置、ノンストップ制御装置、エラーチェッカー、ブーム上面シリンダ保護カバー
標準付属品
タイヤ輪止め、ジャッキベース
特別仕様
上部作業灯、下部作業灯、アウトリガ注意灯、100V電源取出口、下部比例操作装置、排ガス浄化装置警報、側後部ガードパイプ、起伏シリンダー保護ブーツ、セーフティースイッチ、ニュートラルインターロック、バックモニター、バスケット接近警報
車両諸元
最大積載量 100kg
架装シャシ 4トン車クラス
車両総重量 7920kg

製品画像

スカイマスター SJ30ARS



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
アウトリガーの張幅設定を3段階から4段階としたことで、国道の車線内(3.00m)でアウトリガーを張った場合、弊社従来機は張幅最小での作業半径7.0mに対し、SK27Aは張幅中間1での作業半径10.4mを得られます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ