販売を終了した特装車両

ブリッジマスター SF77AIII

※本機種は販売を終了しました。

主な製品の特長

広大な地下作業領域で橋梁下面の点検を一気にカバー

ブリッジマスター SF77AIIIは、4段伸縮式ポストと、3段油圧拡張式プラットフォームによる、床版下面での圧倒的な作業範囲の広さを誇る橋梁点検作業車です。これまで足場に頼らざるを得なかった奥深い領域での点検作業などを、大幅に安全、効率化することが可能です。

約66m2
広大な橋梁下面作業領域

3段油圧拡張式で最大差込み長さ7.54mのプラットフォームにより、片側2車線道路の橋梁下面をフルにカバーすることが可能です。またプラットフォームの首振り機能と合わせ、橋梁下面に約66m2の作業領域を実現し、点検作業を効率化します。 さらに、歩廊型のプラットフォームを採用することにより、プラットフォーム沿いの連続作業を、歩きながら効率よく行うことができます。

より多くの現場でお使いいただくためのオーバーフェンス性能

ポストを起伏させる新しい乗り越え機構の採用により、ブリッジマスターシリーズは最大で高さ6mの遮音壁を乗り越えて作業することが可能です。

また、湾曲型遮音壁などの乗り越えに必要なふところ領域も、高さ5mの地点で約2.2mを確保しているため、これまで作業車の使用をあきらめていた数多くの現場で、作業の安全、効率化を進めることができます。

作業姿勢のまま連続作業を可能とするローラジャッキ

ブリッジマスターシリーズは、ローラジャッキの採用により、道路沿いの連続作業を低速走行しながら効率よく行うことができます。

機動性を高め、安全走行に貢献するコンパクトなボディサイズ

独自の格納姿勢により、ブリッジマスターシリーズは限定中型自動車免許で運転可能な車両総重量8トン未満と、クラス最低の2.9m※1という低車高を実現しました。これにより、現場への移動における機動性を格段に高めます。また道路上の構造物との接触事故防止にも役立ち、故障による休車、修理費用発生等のリスク低減にも大きく貢献します。
※写真はSF77A

主要諸元

型式・名称
型式 SF77AIII
名称 橋梁点検作業車
プラットフォーム
最大積載荷重 200kg
最大地上高 7.34m
最大地下深さ 5.9m
最大作業半径
(ブーム旋回中心より)
5.92m
最大差込長さ 7.54m
外側寸法(拡張時) 7.62m×0.66m×1.00m
(長さ×幅×手摺り高さ)
外側寸法(縮小時) 3.02m×0.92m×1.00m
(長さ×幅×手摺り高さ)
拡張方式 油圧作動
拡張ストローク 4.6m
首振角度 左90°~右90°
首振速度 左90°~右90°/40s
ポスト
ポスト段数 3段+ポストスライド
ポスト長さ 3.45m~7.11m+ポストスライド1.2m
伸縮ストローク 4.86m
伸縮速度 4.86m/62s
起伏角度 0°~90°
起伏速度 0°~90°/40s
ブーム
ブーム段数 2段
ブーム長さ 3.4m~4.8m
伸縮ストローク 1.4m
伸縮速度 1.4m/20s
起伏角度 0°~80°
起伏速度 0°~80°/35s
旋回角度 左100°~右100°
旋回速度 左100°~右100°/65s
アウトリガー
左側張幅
(車両中心より)
0.98m~2.09m
右側張幅
(車両中心から)
0.98m~2.23m
安全装置
油圧系安全装置(油圧安全弁・ジャッキ伸縮安全装置・ブーム起伏安全装置・ブーム伸縮安全装置・ポスト起伏安全装置・ポスト伸縮安全装置・アーム旋回安全装置・プラットフォーム拡張安全装置・ポスト平衡安全装置・プラットフォーム平衡安全装置)、作動停止装置、作業範囲規制装置、ブーム干渉防止装置、音声通知装置、非常用ポンプ、ジャッキ・ブームインターロック装置、プラットフォーム押し付け防止装置、ブーム下面接触防止装置、車体傾斜警報装置、作業用補助制動装置、走行速度警報装置、アウトリガースライドロックピン装置、レバーガード、フートペダル
その他装置
自動格納装置、オートアクセル、インターホン、操作部照明、100V電源取出口、アウトリガ注意灯
標準付属品
タイヤ輪止め
特別仕様
上部作業灯、下部作業灯、車幅飛出し防止装置
車両諸元
架装シャシー 3.5~4.0トンクラス
(シャシータイプが限定されます)

製品画像


 

 

 

ページトップへ