穴掘建柱車

Q79:建柱車の設置方向について

■Q79 建柱車の設置方向について

共架柱の仮柱新設工事にて道路の勾配は3度以下。新設位置は、既設柱の坂上側1m。建柱車を当然ながら、建柱位置より坂下側にキャビンを坂下側に向け設置しようとしたが、その場所は、店の玄関・駐車場の出入り口・電気等の引込み線が混んでいる・樹木等が邪魔になり掘削できない等があり、その位置では、作業ができない。その場合、建柱車を建柱位置に前側のアウトリガを合わして設置し(アウトリガは、道が狭いため半分くらいしか出せない)前向きに作業をしたほうが安全か、もしくは、建柱車を逆に設置し、車両後部側で、作業をした方が安全かどちらですか。また、この他に最適なやり方があれば教えてください。
(Gメン さん)




■A79-1
建柱車では『車両は必ず前下がりに駐車』を取扱いの基本としています坂の角度の大小に関わらず(例え3度以内であっても)前下がり駐車をお願い致します。

なおアウトリガ全張り出しで使用出来ない現場の様ですが、この場合以下も注意願います。
・ アウトリガーは4本とも1/2以上張り出してください。(1/2未満は禁止)
・ 左右どちらかのアウトリガー張り出しが1/2となるときは、ブーム旋回方向に関わらず全周にわたって1/2定格荷重線に従ってください。
(メールキャビン編集部)



ページトップへ