高所作業車

Q133:反射テープ

■Q133 反射テープ

高所作業車の後ろの部分に、追突されないように黄色の反射テープを貼ろうとしたら、違法だという指摘を受けました。本当にダメなのでしょうか。
(かがみ さん)



■A133-1

道路運送車両の保安基準 第38条の3 にて、「自動車(中略)の両側面及び後面には再帰反射材(基準を満足する反射テープ等のこと)を備えることができる」とされ、同条3項に「再帰反射材は、その性能を損なわないように、かつ、取付け位置、取付け方法等に関し告示で定める基準に適合するように取付けられなければならない」と規定されています。
また、道路運送車両の保安基準 第42条では、「自動車には、(中略)灯火装置若しくは反射器又は指示装置と類似する等により他の交通の妨げとなるおそれのあるものとして告示で定める灯火又は反射器を備えてはならない。」とされています。
要約すると、「再帰反射材を取付ける場合には基準を守る事。守れない場合には取付けてはならない」という意味になります。

ここで言う基準とは自動車検査独立行政法人の審査事務規定「5-75 再帰反射材」を指します。
この規定は箱型の荷台を持つトラックを基準にしており、高所作業車では形状の問題から規定を守ることができません。よって高所作業車には反射テープ等の再帰反射材を取付けることはできません。
(メールキャビン編集部)


ページトップへ