高所作業車

Q108:7度を超える場合の設置方法はないのでしょうか

■Q108 7度を超える場合の設置方法はないのでしょうか
バケット、穴建車の設置基準「7度以下」の根拠を教えて下さい。また、7度を超える場合の設置方法はないのでしょうか
(O さん)




■A108-1
置基準「7度以下」については、Q83でも回答していますが、 アイチコーポレーションでは「道路構造令」にて定められている車道の最大縦断勾配(約6.8度)に対応できることを自社の基準として定めて車両を製作しているため、「7度以下」となっています。

7度を超える場所では、傾斜地対応の特別仕様車であれば11度まで(穴掘建柱車の穴堀作業は7度まで)作業できます。標準車では7度を超える場所では作業ができません。また、傾斜地で高所作業車をご使用になる場合は、正しい操作方法、および、使用条件を守らないと重大災害につながる恐れがあります。
詳しくは、取り扱い説明書でご確認の上、ご使用をお願い申し上げます。
(メールキャビン編集部)


ページトップへ