高所作業車

Q65:高所作業車の高速道路の料金について

■Q65 高所作業車の高速道路の料金について

御社のスカイマスターSS10Aをあるレンタル会社からお借りして使用しています。高速道路を走ったとき、中型料金を取られたり普通料金を取られたりと料金所の人によって違うのですが、どちらが正解なのでしょうか?
高速道路の料金区分を見てもはっきりしなかったのでご質問させていただきました。
(M.M さん)




■A65-1

SS10Aを含む「車両総重量8トン以下の特種用途自動車」で、「小型自動車※の規格にあてはまらないもの」は高速道路における車種区分上「中型車」の扱いになります。しかし、首都高速道路では車種区分が「普通車」と「大型車」の二種類しかないため、「普通車」の扱いになるなど、高速道路によって固有の適用ルールがある場合があります。車種区分を確認する方法としては、通行の際に高速道路の料金所で、車種区分を証明する「車種区分証明書」を発行していただく方法があります。

※小型自動車・・・車長4.7m以下、車幅1.7m以下、車高2.0m以下、乗車定員10人以下、総排気量2000cc以下(ガソリン車の場合)、の全て満たすもの。
(メールキャビン編集部)



ページトップへ