高所作業車

Q62:490kgを越える材料のつり上げについて

■Q62 490kgを越える材料のつり上げについて

配電線工事で高所作業車を使用していますが、ウインチでつり上げる際、490kgまでの制限があります。520kgの変圧器をつり上げる工事は、どのように対応すれば法的ならびに安全面は対処できますか?ちなみに、つり上げは可能ですか?
(電気マン さん)




■A62-1

高所作業車のつり上げ装置(ウインチ)には、絶縁のため樹脂製のサブブームやナイロン製のロープが使用されています。これらの材料はつり上げ荷重0.5トン以上のクレーンには使用が認められていません(クレーン構造規格第一条)。このため、配電工事用の高所作業車のつり上げ装置は定格荷重490kgとなっています。ご指摘のような0.5トン以上のつり上げ作業には、穴堀建柱車などのつり上げ荷重0.5トン以上のクレーン車を使用していただくようお願い致します。

高所作業車のつり上げ装置で定格荷重以上のつり上げを行うと、つり荷の落下等重大な事故につながる恐れがありますので、行わないで下さい。
(メールキャビン編集部)



ページトップへ