高所作業車

Q61:垂直昇降型高所作業車での安全帯の使用について

■Q61 垂直昇降型高所作業車での安全帯の使用について

労働安全衛生規則第194条の22には「事業者は、高所作業車(作業床が接地面に対し垂直にのみ上昇し、又は下降する構造のものを除く)を用いて作業を行うときは、当該高所作業車の作業床上の労働者に安全帯等を使用させなければならない」とあります。
自走式高所作業車で垂直昇降型の場合には、安全帯の使用は法的には定められていないと解釈して良いですか?
(K.H さん)




■A61-1

ご指摘の通り、弊社においても「垂直昇降型高所作業車を用いて作業を行う場合には、安全帯の使用は義務付けられていない」と解釈しております。しかし、労働安全衛生規則第518条では、高さ2m以上の箇所で作業を行う場合は危険防止措置を講じる必要があるとされています。つまり「安全帯以外の転落防止措置が認められている」ということです。

以上のことから、法的義務はないものの、弊社では必ず安全帯を使用していただくよう、推奨させていただいております。
(メールキャビン編集部)



ページトップへ