高所作業車

Q34:道路走行時、バスケット(作業床)に荷物を積むことは違法?

■Q34 道路走行時、バスケット(作業床)に荷物を積むことは違法?


トラックマウント形の高所作業車を使用する場合、バスケット(作業床)に若干の荷物を積んで(動いたり落下したりしないように固定する)公道を走行していいのでしょうか?労働安全衛生規則や道路交通法などで規定されているのか教えていただけませんでしょうか。
(M.Mさん)




■A34-1

バスケット(作業床)へ少量の荷物を乗せて公道を走行することを明確に禁止する法規はありません。しかし、これはあくまでも荷物が「積載」に当たらないほど少量の場合です。

バスケット(作業床)は「積載装置」ではないため、工事材料の運搬等への使用は道路交通法第五十五条「(前略)積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。(後略)」に該当するため、違法となります。
また、アイチコーポレーション製の高所作業車については、作業床自体の破損防止のため、作業床へ荷物を積んで公道を走行することを禁止しています。
無用な法規上のトラブルを避けるという意味でもバスケット(作業床)へ荷物を載せたまま公道を走行しないで下さい。
(機械化車両で公道を走行する場合の注意事項は、取扱説明書を参照してください)
(メールキャビン編集部)

ページトップへ