高所作業車

Q15:警報音を止めるのは違法?

■Q15 警報音を止めるのは違法?

自走式の高所作業車を使用していますが、斜面を登る時に傾斜警報のブザーが鳴ります。結構大きな音がするので、うるさいという苦情を受けたこともあります。警報音を小さくしたり、鳴らないようしてしまうのは違法なのでしょうか?知っていたら教えて下さい。
(J・Mさん)




■A15-1

結論から言ってしまうと違法です。
(メールキャビン編集部)


労働安全衛生法第四十二条に「特定機械等以外の機械等で(中略)政令で定めるものは、厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備しなければ、譲渡し、貸与し、又は設置してはならない。」という規定があります。
高所作業車に対しては「高所作業車構造規格」が定められており、これを満たしていない高所作業車は違法ということになります。その第十条に「高所作業車は、その安定度等に応じて定められた範囲を超えて車体が傾いたときに、昇降装置若しくは屈折装置等の作動を自動的に停止させる装置又は警音を発する装置を備えているものでなければならない。ただし、アウトリガーを有する高所作業車又は垂直昇降型の高所作業車で、車体の前後及び左右の傾きを表示する装置を備えているものにについては、この限りでない。」という規定があります。
難しいことを書いていますが、つまり、「警報を鳴らすのは法律で決められているのことなので、止めることは出来ません」ということです。

ページトップへ