沿革

お客様と共に歩んだ作業環境創造の歴史が、私たちの歴史です。
従来の慣習や常識を打ち破り、新しい変化を創造したいという熱い想いがアイチの歴史には刻まれています。


1960年代
1962年(昭和37年) 名古屋市瑞穂区に愛知車輌株式会社を設立。資本金250万円。 A型建柱車開発。
  1963年(昭和38年) 梯子車を開発。
1964年(昭和39年) B5型穴掘建柱車開発。
1965年(昭和40年) 高所作業車第一号機開発。
1966年(昭和41年) 高所作業車(AS-B4)量産開始。
1970年代
  1970年(昭和45年) 上尾工場開設。
  1971年(昭和46年) 浦和サービス工場開設。
  1974年(昭和49年) 愛知車輌工業株式会社設立。
  1976年(昭和51年) 子会社として北陸に販売会社(株式会社北越アイチ)を開設。
  1978年(昭和53年) 子会社として九州・中国・北海道に販売会社(株式会社九州アイチ・株式会社中国アイチ・株式会社北海道アイチ)を開設。伊勢崎工場を開設。
1980年代
1980年(昭和55年) 上尾事業所に工法開発センター開設。 業界別定期フェアスタート。第一回配電工事研究会開催。
  1981年(昭和56年) 株式を名古屋証券取引所第二部に上場。
  1982年(昭和57年) 子会社として東北・四国に販売会社(株式会社東北アイチ・株式会社四国アイチ)を開設。
  1983年(昭和58年) 中古車センター開設。
  1985年(昭和60年) 群馬県に新治工場開設。
  1987年(昭和62年) 東京証券取引所第二部に上場。
  1988年(昭和63年) 東京証券取引所第一部、名古屋証券取引所第一部に上場。
1989年(平成元年) 配電工事用マニピュレータ作業車試作機開発。
1990年代
1990年(平成2年) 群馬県新治村にアイチテクノプラザ開設。
  1991年(平成3年) 技術研修センター(現 株式会社アイチ研修センター)開設。
  1992年(平成4年) 株式会社アイチコーポレーションに社名変更。
1995年(平成7年) 中国に合弁会社、杭州愛知工程車輌有限公司を設立。
1996年(平成8年) 全電動型高所作業車試作機(SH-105EV)開発。
1997年(平成9年) SH-145など一部主要機種を対象に、建設機械業界では初めての2年保証を実施。 鉄道電気工事用電車線高所作業車(RL-050)開発。

 

1998年(平成10年) オーバーフェンス作業車(SF-44A)、重荷重型高所作業車(TZ-15A)開発。 ISO9001を認証取得(上尾工場、新治工場など)
  1999年(平成11年) 販売会社のうち、株式会社東北アイチ、株式会社北海道アイチを株式会社北日本アイチに、株式会社中国アイチ、株式会社四国アイチを株式会社中四国アイチに合併。 株式会社アイチ研修センター設立。株式会社アステックの主要事業内容を中古車販売に変更。
2000年代
2001年(平成13年) マックスリーチシリーズ発売。 仏マニトウ社と業務提携。 高所作業車レンタル会社の株式会社レンテックに出資し、グループ化。
2002年(平成14年) マルチアームレッカーシリーズ発売。 株式会社豊田自動織機と業務資本提携を締結。 杭州愛知に新工場開設。
  2003年(平成15年) 株式会社北日本アイチ、株式会社北越アイチ、株式会社中四国アイチおよび株式会社九州アイチの4社を株式会社アイチコーポレーションに吸収合併。 株式会社豊田自動織機の子会社化。
  2004年(平成16年) 株式会社アステックを吸収合併。 ISO14001を取得(新治工場) 本社を埼玉県上尾市に移転
  2005年(平成17年) 累積販売台数 15万台達成。 ISO14001を取得(本社・上尾事業所)
  2006年(平成18年) 杭州愛知工程車輌有限公司に追加出資し、子会社化。
  2008年(平成20年) オランダ王国に子会社AICHI Europe B.V.を設立。 中国に子会社浙江愛知工程機械有限公司を設立。
  2010年(平成22年) 愛知車輌工業(株)及び(株)レンテックを吸収合併。
2012年(平成24年) 累積販売台数 20万台達成。

ページトップへ