スカイマスターSP・WZシリーズ

スカイマスター SP21CSM

主な商品の特長

1)環境負荷低減を図るためオフロード法2014年基準に適合した新エンジンを採用
オフロード法2014年基準に適合した新エンジンの搭載で環境負荷を低減いたします。
また、作動速度にあわせて、最適なエンジン回転数を自動的に調整する、オートアクセル制御方式採用により、従来機種と比較して、燃費を約3%~7%(※1)改善しています。
(※1)弊社独自の作業サイクルでの測定数値となります。

2)メンテナンスの安全性と作業効率の向上を図るため様々な機構を採用
車体のエンジン搭載部に、開口部が大きな大型ウイングカバーと、エンジン本体を車両外側に引き出せるエンジン部床面スイング機構を採用しました。
また、ブーム内の配管・配線をカートリッジに収容しており、カートリッジを引き出すことで、配管・配線の脱着・交換が、短い手順で簡単に作業できます。

3)破損リスクを低減する新型の首振り装置を採用
作業床の首振り装置に、外力に対して破損しにくいロータリーアクチュエーターを採用し、作業床が構造物等へ接触した場合に、破損するリスクを低減しています。

特別保障対象機種


主要諸元

型式・名称
型式 SP21CSM
名称 ホイール式高所作業車
バスケット
最大積載荷重(搭乗人員) 250kg(2名)
最大地上高 21.0m
最大作業半径 18.8m
内側寸法(長さ×幅×高) 0.75m×1.5m×1.0m
首振角度 左90°~右90°
全体寸法
全長 10640mm
全幅 2450mm
全高 2650mm
ブーム
ブーム段数 3段
ブーム長さ 8.780m~20.080m
伸縮ストローク 11.3m
伸縮速度 11.3m/40s(伸)
11.3m/40s(縮)
起伏角度 -12°~70°
起伏速度 -12°~70°/40s(上)
-12°~70°/40s(下)
垂直・水平制御
移動速度 200mm/s
旋回装置
旋回角度 360°(全旋回)
旋回速度 80sec/1回転
走行装置
走行速度 0~4km/h(ブーム全縮・起伏0°以下時)
安全装置
油圧系安全装置 走行警報装置 車体傾斜表示 作業範囲規制装置 旋回速度規制装置 起伏速度規制装置 周回速度規制装置 走行速度制限装置 作動停止装置 セーフティスイッチ フートスイッチ 自己故障診断装置 旋回ロック装置 手摺りガード レバーガード 非常用ポンプ 燃料警告表示 水温異常表示 油圧異常表示
特別仕様
ハンドフリー水平・垂直制御 ワイドバスケット(全幅2.4m)
車両諸元
旋回台回転半径 2.36m
重量 14750kg
エンジン
最高出力 51.7kw(2500rpm)
最大トルク 241kw(1625rpm)
総排気量 3.318L

製品画像

※写真は特別仕様

ページトップへ